Top > 毛糸のふわふわポンポンマット♡pique風

毛糸のふわふわポンポンマット♡pique風

雑貨

作り方2015/09/23投稿 ID:SnHh9R34LfNi

    • 1
      材料1。今回はちょっとpiqueを目指してふわふわの毛糸を使います。好きな色で揃えてね。
    • 2
      材料2。ダンボールは写真のようにカットして型紙として使います。下に敷くマットは今回ヨガマットを使用。
    • 3
      まず、だいたい作りたいサイズに滑り止めシートをカットします。
    • 4
      厚紙をこんな形にカットします。だいたい6cm×20cmくらい。コの字の部分は写真より太めのほうが、毛糸を巻いているときに折れにくくていいよ。
    • 5
      こんなふうに50回巻きます。今回太めの毛糸なのですが、細めの毛糸のときは100回〜200回巻いてもいいようです。
    • 6
      巻き終わったら、コの字のほうに毛糸をよせます。25センチくらいの別紐を用意します。
    • 7
      別紐をコの字の背後から通し、毛糸をくるむようにします。
    • 8
      片方は毛糸とダンボールのすきまから通しますよ〜
    • 9
      中心でキュッと結びます。ココが甘いとポンポンがばらけてしまうので厳しくいきましょう。2回結んでください。
    • 10
      輪っかをカットする前に今結んだ紐にペンで色をつけておきましょう。あとで、ほかの毛糸にまぎれちゃうのを防ぎます。
    • 11
      結んだ毛糸の上下にそれぞれハサミを入れ、輪っかを切ります。コの字と毛糸の間に刃を入れるイメージ。個人的にコの字の先端から入れたほうがやりやすいです。
    • 12
      カット時のズームアップ。ダンボールがチョロっと見えますね。
    • 13
      下にビニール袋を置くと、カット時に飛ぶ毛玉が広がりにくいです。(それでも広がっちゃうけど)
    • 14
      1コできました。こんな感じでガンガン作りましょう。
    • 15
      ある程度出来上がったら、色の配置も考えつつ滑り止めシートにポンポンを配置してみます。ここで、作る個数を最終決定しましょう。今回は横7コ、縦4コで28コ必要ということになりました。写真のシートから、この後さらにカットしました。
    • 16
      ポンポン玉を滑り止めシートに固定しましょう。位置を決めたら、シート裏からさきほど印をつけた毛糸をピンセットで引っ張り出します。
    • 17
      もう一方の印をつけた毛糸も同じく裏から引っ張り出します。
    • 18
      2本の毛糸は隣の穴から出しておくと、結んだときにシワができにくいです。
    • 19
      ポンポンを全て固定したときのシート裏面です。
    • 20
      ペンの印が目立ちますね。
    • 21
      ペンの印はカットします。こんな感じになります。
    • 22
      ひっくり返して形を整えて完成です!iPhone5cと比べるとこんな大きさ。ふわふわがいい感じです。お疲れさまでした!
    • 23
      不器用でも初めてでも、ポンポン作りはすぐに慣れます。ポンポン1コを6分ほどですぐ作れるようになりますよ〜!
      注意:写真は印をつけた毛糸を間違って切ってしまったかわいそうなポンポンです・・。カットのときは気をつけましょう。

    説明・コツ

    コンテンツにもある毛糸のポンポンマットを100均の材料で作ってみたよ〜!これからの季節にもぴったり。足置きにちょうどいいサイズ。足元を暖かくしよう:) ちなみに毛糸は1玉全長27mで、50巻のポンポン4個分できました!

    材料・工具 レシピを送る

    クチコミ(0)

    投稿